天皇特例会見で小沢氏は矛盾を露呈

本日(12月16日)の世界日報社説に「天皇特例会見/憲法とご健康に配慮欠く」とありました。



15日の記者会見:
小沢一郎幹事長は羽毛田長官の「天皇の政治利用」との批判に対し、真っ向から反論。「陛下の体調が優れないなら、優位性の低い(他の)行事はお休みになればよい」と答えた。


14日の記者会見:
小沢氏は「天皇の政治利用」との批判について、「(天皇の国事行為は)国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるものだ。(政治利用と言われれば)国事行為は全部政治利用になっちゃう」と指摘した。



とのことですが、「優先順位を決める」ことは小沢氏が言う「内閣の助言と承認」で行うということになり、明らかに矛盾しています。

また小沢氏は、質問をした記者に対して、なぜか怒りをあらわにしていました。カメラの向こうには日本国民がいることを忘れて。必死に自分を正当化しようとする姿勢を感じます。何か後ろめたいことがあるのでしょうか。

たしかに小沢氏の理論には一理ありそうにも見えますが、ほとんどの日本国民は、確実に
  • 民主党は尊敬する天皇を安易に利用した

  • 中国に日本を売っている

  • という印象を持っています。

    中国とは末永く仲良くしなければならない国で、共に発展する関係であるべきです。しかし、
  • 思想はしっかりとした共産主義である。

  • 世界中の地下資源を奪おうとしている。

  • 日本をチベットのように属国にしようと狙っている。

  • ということはしっかりと認識しなければなりません。

    このままだと、民主党は日本を中国に売り払うことになりそうです。神様から鉄槌がおろされる前に悔い改めてほしいですね。

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
    にほんブログ村

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 2

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック