春日井家庭教会日曜礼拝「終わりまで先になろう」

今日もいいことありました?

画像


本日の春日井家庭教会の日曜礼拝は鄭光根教会長による説教「終わりまで先になろう」でした。

訓読部分はこちら。
マタイによる福音書20章1節~16節

天国は、ある家の主人が、自分のぶどう園に労働者を雇うために、夜が明けると同時に、出かけて行くようなものである。彼は労働者たちと、一日一デナリの約束をして、彼らをぶどう園に送った。それから九時ごろに出て行って、他の人々が市場で何もせずに立っているのを見た。そして、その人たちに言った、『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。相当な賃銀を払うから』。そこで、彼らは出かけて行った。主人はまた、十二時ごろと三時ごろとに出て行って、同じようにした。五時ごろまた出て行くと、まだ立っている人々を見たので、彼らに言った、『なぜ、何もしないで、一日中ここに立っていたのか』。彼らが『だれもわたしたちを雇ってくれませんから』と答えたので、その人々に言った、『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい』。さて、夕方になって、ぶどう園の主人は管理人に言った、『労働者たちを呼びなさい。そして、最後にきた人々からはじめて順々に最初にきた人々にわたるように、賃銀を払ってやりなさい』。そこで、五時ごろに雇われた人々がきて、それぞれ一デナリずつもらった。ところが、最初の人々がきて、もっと多くもらえるだろうと思っていたのに、彼らも一デナリずつもらっただけであった。もらったとき、家の主人にむかって不平をもらして言った、『この最後の者たちは一時間しか働かなかったのに、あなたは一日じゅう、労苦と暑さを辛抱したわたしたちと同じ扱いをなさいました』。そこで彼はそのひとりに答えて言った、『友よ、わたしはあなたに対して不正をしてはいない。あなたはわたしと一デナリの約束をしたではないか。自分の賃銀をもらって行きなさい。わたしは、この最後の者にもあなたと同様に払ってやりたいのだ。自分の物を自分がしたいようにするのは、当りまえではないか。それともわたしが気前よくしているので、ねたましく思うのか』。このように、あとの者は先になり、先の者はあとになるであろう」。
御旨の道 信仰生活

信仰の道は船(航海)の道と同じである。艪(ろ)をごくことを信仰生活に比べることができる。やめれば直ちに後退するのである。悪の社会ではいかなる条件も信仰それ自体には直接的に助けとなり得ない逆境ばかりである。
御旨の道 御旨

御旨を知った食口たちが落ち着き払っているのを見るとき、先生はかえって異常な感じを受けるほどである。
先生は神と一体化し、サタンと三十億人類を相手として綱引きをする深刻な感じで御旨の生活をしている。
天聖経 第七編 第三章
第二節 霊界に行くための準備期間
肉身をもった地上生活の重要性


永遠の出発は、自分が死んで始まるのではありません。永遠の出発は、自分が御旨を知った瞬間から続きます。ここに一日のうちの瞬間でも、時間の関係において飛躍があったりくぼみが生じたりすれば、永遠は中断されるのです。ですから、私たちが生涯の路程を中心として、信仰の道を行くのですが、今年行けなければ来年に行き、来年行けなければ再来年に行く、このようにしてはいけません。一生をこのように生きていけば、その人は、御旨と一つになった一日の生活をしてみることができずに死ぬでしょう。もしそのように生きれば、その人は天国に行けません。いくら自分が暮らしているその国が良いといっても、一日の勝利基準をもてない人が、どうやって天国に行くことができ、一年の勝利基準をもてない人が、どうやって永遠の世界に入ることができますか?。これが問題とならざ るを得ません。


個人的に印象に残った部分は以下の通りです。
・お母様は毎週のように海外を訪問されている。

・最近のお母様は「先になった者が後になり、後になった者が先になる」と語られる。

・訓読した聖句では天国にはどのような人が入るべきかを語っている。聖書は知識ではなく神様の心情を表現している。この世の知識ではなく心情で読む必要がある。

・親は子供の永遠の幸せを願う。それをもっと伝えたいのに、1800ページある聖書では3ページ目から人類史その堕落が描かれ、最後まで復帰摂理を説明している。

・お父様は「8大チャンピオン」のうち「誰よりも聖書を読んで理解したチャンピオンだ」と語られたことがある。お父様は神学を勉強したわけではない。

・韓国のキリスト教は家庭連合を激しく反対している。天の御旨をよく理解していないためである。

・聖句に出てくる、ぶどう園は「神様の摂理」、主人は「神様」、労働者は「人間」を例えている。朝早く雇われてた労働者は「僕」であり、賃金がほしいだけで、仕事に誇りを持っていない。夕方に雇われてた労働者は「主人の意識」をもっていてり、感謝の思いを持っている。ぶどう園の主人はこの労働者と心情的な因縁を結ばれる。

・神様はクリスチャンと心情を結びたがっていたのにそれができなかった。それでは、真の父母様と私たちはどうであるか。

・私が「先になった者」なのか「後になった者」なのかはまだ分からない。最後の時まで分からない。

・「御旨の道」のみ言にあるように、艪をこがないと後退する。今のこの瞬間を大事にする必要がある。2012年11月20日に真のお母様「私には明日がない」「今日が最後の日と思って生活している」と語られた。お母様も毎日を大事にしている。

・「仕事が忙しいので落ち着いたら(休んでから)御旨に協力します」という人がいるが、実際には心情が離れていく。

・「御旨の道」のみ言にあるように、真のお父様の真剣さを理解する必要がある。真のお母様も真剣。お母様の事情を知って、その真剣さに合わせてほしい。

・本来は「先になった者」が「先になる」はずである。神様もそれを望んでいる。神様が望んでいないことがたくさん起こっていたことを理解してほしい。

・今はアフリカを中心に実体復帰が進んでいる。今が最後の決着を付ける時である。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント