春日井家庭教会日曜礼拝「私の4万名大会」

今日もいいことありました?

画像>


本日の春日井家庭教会の日曜礼拝は鄭光根教会長による説教「私の4万名大会」でした。

映像「世界平和のための真の父母様アメリカ巡回」(2016年)を視聴してからの説教。

個人的に印象に残った部分は以下の通りです。
・式次第のタイトルが「私たちの4万名大会」となっていた。「私たち」では責任が私にない。

・真の父母様のアイデンティティは三つある。
①メシヤ
②真の父母
③万王の王

・真の父母様の生涯はこの三つを成し遂げるためにある。手段は二つ。
①祝福
②大会

・祝福の重要な三つの意義
①血統転換(原罪精算)
②家庭完成のための出発点に立つ
③交叉祝福(怨讐同士と結婚して、サタンが作った壁を壊す)

・日本と韓国の関係は政治・経済だけでは根本的に解決できない。今は関係が悪いが、そのうち良くなる。しかし、また悪くなる。その繰り返し。永遠に良くなるには交叉結婚しかない。もし、日本と韓国の交叉結婚が100万名、1000万名になったら、ビザの問題や国境の問題が自然とクリアされる。今は少なくて影響力がないだけ。

・なぜ真の父母様が大会を開くのか。
①啓蒙と教育
②宣布(勝利圏の確定と拡大)

・大会の95%以上に「~宣布大会」というように、「宣布」が入っている。名節の正式名称にも(七・一節は「神様祝福永遠勝利宣布」、七・八節は「天地父母天宙安息圏宣布」)

・真の父母様は一方的に宣布している。聴衆が理解していようといまいと関係ない。時が経ったら分かるようになる。

・2020年まで1年を切った。2020年は真のお父様御聖誕100周年、真のお母様御聖誕77周年。

・新スローガン「真の父母様と一つになって生涯最高の実績を残す年にしよう」。

・神氏族メシヤ活動は私の責任。4万名大会も私の大会という責任意識を持ってほしい。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック