日本家庭連合としてこれから実践すべき5つの方針(1&2)

今日もいいことありました?

画像


世界家庭・2016年7月(天暦5月)号に掲載されている宋龍天総会長メッセージの中から、天一国時代の主人になるための、日本家庭連合として、これから実践すべき5つの方針を紹介します。(10~11ページ)
1.家庭連合の生活
 毎朝、日本の全食口は訓読会から出発しましょう。訓読会の基本は、八代教材教本の中の一つである「家庭盟誓」の斉唱からです。朝起きて敬礼をした後に、「家庭盟誓」を斉唱する声で、日本を目覚めさせて祝福しましょう。「家庭盟誓」は韓国語で1から8まで行いましょう。

2.家庭連合の礼拝
 『原理講論』、『真の父母様の生涯路程』などのみ言を共に訓読して、訓読内容の解説を中心とする説教をしなければなりません。聖歌は真のお父様が作詞なさった8曲や、真の父母様が好んで歌われた曲を中心に賛美しましょう。

お父様が作詞された8曲ってどれでしたっけ?

続きは次回に。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

「神京都ファーザーズ」のハングルマンより
2016年07月23日 12:23
「日本家庭連合としてこれから実践すべき5つの方針(1&2)」について
「聖歌のゆかり」を見ますと、お父様が作詞された曲は
1番「復帰の園」
2番「聖苑のめぐみ」
3番「聖励の新歌」
4番「栄光の賜物」
5番「勝利者の新歌」
6番「悩める心に」
7番「統一勇士の歌」
9番「朝日に輝く」
の8曲になります。今後「聖歌のゆかり」をもう一度読んでみようかと思っています。
まずはお知らせまで…
神京都ファーザーズのハングルマンより

この記事へのトラックバック