中高生の教会活動参加率は父親の与える影響が大きい?!

今日もいいことありました?

画像


祝福家庭2015年秋季号(78号)の114~116ページに後藤佳子・第14地区代表成和学生部長によるシリーズ「中高生教育Q&A」が掲載されています。

今回のテーマは「子供の『やる気』を引き出す」です。この中で印象に残った部分を紹介します。(116ページ)
 成和学生部から青年部への連結について、本部青年学生局がいくつかのデータを発信しています。その中に「教会の礼拝や活動への父親の参加率が高いと、中高生期の子女が教会活動に参加する率も高くなる」というものがありました。男女共に、同じ傾向が見られるそうです。

 「父親の与える影響は、小さい頃よりも、成長して中高生になった頃のほうが大きい」というデータでした。ぜひ、お父様方も子供に関心をもち、関わりをもっていただきたいと思います。教会の礼拝や活動に対して、積極的に取り組む姿勢を見せてください。

 子供の「やる気スイッチ」は案外、「父母の姿」にポイントがあるのかもしれません。

そういえば以前、このアンケートに回答をした記憶があります。

たしかに今思うと、中高生が教会に来る人のお父さんはよく教会に足を運んでくる方が多いと感じるのですが、みなさまはいかがでしょうか?

なお、あくまでも統計の結果ですので、必ずしもそうであるとは言い切れません。参考にしていただければと思います。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

オラフ
2015年12月02日 17:16
投稿読ませていただきました。20半ばの祝福二世です。私も信仰的な父親をもったことが、信仰心を養うにおいて大きな支えになりましたので、共感できます!

ただ残念なことは、子供が教会活動に参加することを一つの目標にされる一世の方々が多いことです。

二世の立場からすれば、もつべき信仰の姿勢は、決して、週に一度しかない礼拝の場や、時折ある一時的な修練会で教えられるものではありません。普段の家庭生活を通して見る親の姿から学ぶんです。
私も幼い頃から教会に通っていましたが、残念ながら、信仰の本質をそこで教わったことはありませんでした。

両親の生きる姿の中に、信仰者としての姿を見出しました。
2015年12月02日 21:18
●オラフさん
コメントありがとうございます。一世に対するご意見も感謝です。

オラフさんがおっしゃるとおり、親から信仰姿勢を学ぶのが基本で、教会は家庭でできないことを補足する位置づけと私は認識しています。

オラフさんが幸せな人生を送れるよう、陰ながら祈っています。

この記事へのトラックバック