8年間真のご家庭に入って分かる父母様と文亨進世界会長との関係~大塚会長ご子息の生還3

今日もいいことありました?

画像

トゥデイズ・ワールド・ジャパン天一国元年12月(2014年陽暦2月)号の30~36ページに大塚会長ご子息による証し「神様の土の器とならしめてください」が掲載されています。

前回からの続きで、文亨進世界会長と真の父母様の深い関係について述べられていましたので紹介します。(35~36ページ)
 世界会長は真の父母様との関係において、親子の心情を完全に超越されています。親子というと、とても素晴らしいのですが、真の父母様との関係は単なる親子関係だけでは難しいのです。親子の意識が強すぎると逆に難しくなりうるのです。そのような、私たち凡人には到底理解できない世界があるのです。

 息子という私的な情をほとんど捨てて、お父様にお侍りになったという面では、世界会長が一番だと思っています。私の妻の外祖父は金元弼(キム・ウォンピル)先生(36家庭)ですが、元弼先生とお父様のやり取りを拝見していると、世界会長とお父様のやり取りとすごく似ているのです。とにかく絶対信仰、絶対服従、そして絶対感謝です。何を言われてもそれを感謝して、受け入れるのです。その姿勢に、私は深く感銘を受けました。

 世界会長は、お父様が聖和される10年前から近くで侍りながら、事実上の一番弟子のような立場で歩んでいらっしゃいました。私はそれを8年間、真のご家庭に入っていろいろ拝見する機会がありましたが、ひとすじにそのような姿勢を貫いていらっしゃいました。それをお父様は心から喜んでいらっしゃいました。父子の関係のみならず、師弟関係のような心情関係をとても喜んでおいでのお父様であられたのです。

 真のお父様というおかたを、真のお父様のみ言を深く研究して、お父様に侍りながら実際に経験を通して理解されている世界会長は、かけがえのない貴重な存在です。お父様は伝統の継承者として指名する儀式を3回もなさいました。真の父母様の血統から、真のお父様のご意志をこれほど理解している指導者を未来の世代のために立てられたのですから、真のお父様、そしてお母様のこれ以上の勝利はないと思います。

 真のお父様の代弁ができるのは、真のお母様と文亨進世界会長だけです。ですから、お母様と世界会長にお侍りすることが私たちにとって何よりも大切です。私のリハビリ生活は、世界会長のメッセージに支えられていました。世界会長は何よりも真のお父様のみ言を引用しながら語られるので、メッセージの中心がはっきりしています。世界会長のお話を通してお父様を思い出し、お父様の願いを強く感じることが多々あります。

 世界会長が公的な場で活躍なさる時が必ず来ます。真のお父様とお母様が直接に指名されたのです。今は深い祈りの世界に入っていらっしゃいますから、信じて、私たちは余計な心配をする必要はありません。その来るべき日のために、常に各自が準備する意識で歩むことが大切だと思います。

 世界会長が別れ際に私に言ってくださったお話は、「私は聖書で言われているとおり、『土の器』でしかないんだ。神がこの器を用いる時が必ず来る」という内容でした。

 私も入院しているときから、その聖句を励ましの言葉にしていたので、大変共鳴できました。世界会長がその時のために、精誠を尽くしていらっしゃるということが大きな希望だと思います。

ご子息は真のご家庭に入って8年間を過ごされていらっしゃいます。

直接お付き合いをしていらっしゃるので、父母様・御子女様に対する感じ方や価値観は私たちとは異なっているはずです。

なかなか真のご家庭の心情世界を私たちは知る機会がありませんから、このようなお話が聞けたことはありがたく感じています。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック