文亨進世界会長ご夫妻の動静~大塚会長ご子息の生還2

今日もいいことありました?

画像

トゥデイズ・ワールド・ジャパン天一国元年12月(2014年陽暦2月)号の30~36ページに大塚会長ご子息による証し「神様の土の器とならしめてください」が掲載されています。

その中で、文亨進世界会長ご夫妻の動静について述べられていましたので紹介します。(35ページ)
 私は、先月(2013年11月)初め、ニューヨークでご挨拶をしてきました。その時期、ニューヨークはとても寒いです。午前中に伺ったのですが、世界会長はその前日も徹夜の精誠をささげておられました。相当積極的に精誠条件を立てていらっしゃるというのが、私の印象です。

 熱心に神様とみ旨、そして、真のお母様のために誰よりも精誠を祈祷をささげていらっしゃるのです。

 世界会長は常にみ旨の動向を気にしておられます。私は、数年以内に世界会長がより公の場で活躍されると思っています。私たちが今できることは、しっかりとお迎えする準備をすること、その一点に尽きると思います。

 そのときお話をして改めて感じたのは、世界会長は、心から日本の食口のことを思い、日本の食口を愛されているということです。とても気にしておられました。かつて日本巡回に来られたときもホテルではなく教会に泊まられ、深い精誠をささげられ、食口の負担をとても心配しながら歩んでいらっしゃいました。

 令夫人の李妍娥(イ・ヨナ)様は、今も日本語の勉強を継続しておられます。そのときも私に日本語で話しかけてこられ、私が日本語の練習台になっていたほどです。それぐらい日本の食口たちを意識してくださっているのです。

文亨進世界会長ご夫妻はアメリカで精誠を捧げられているという風の便りを聞いていましたが、多くの精誠を尽くしていらっしゃること、日本の食口を意識してくださっていることが分かりました。

次回はご子息から見た、真の父母様と文亨進世界会長との関係についてまとめてみます。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック