日本国憲法「前文」に見る、国会議員の立場とは

今日もいいことありました?



先日、愛知県に横田浩一FWP事務総長がいらっしゃいました。

講演の中で「日本国憲法の『前文』の最初にとても重要なことが書かれている」と非常に興味深いことをおっしゃっていました。

日本国憲法の前文の最初の部分はこちら。
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

選挙によって選ばれた国会議員は日本の代表であり、その時点で「公人」である、というのです。

最近、問題を起こす国会議員が多いのですが、国民の代表であることをしっかりと自覚をし、行動が必要であることを認識してほしいと思うのです。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック