ベルリンの壁崩壊から20年

昨日11月9日はベルリンの壁崩壊から20周年で、マスコミではその記念行事などの報道を行っていました。

その当時、私は大学1年生で、まだ統一教会の信仰を持つ前の時。ベルリンの壁によじ登って歓喜する人々の姿がいまだに目に焼き付いています。そのときは「なんかすごいことが起きている」ぐらいにしか感じなかったことを思い出します。

昨日のテレビでもヤホー漫才をやっているナイツの塙宣之さんが「当時小学生でしたけれども、あの壁がなくなって世界に平和が来ると思った。お父さんとお母さんの夫婦げんかもなくなると思った(笑)」とコメントしていました。

真のご父母様は「ベルリンの壁」(東西)と「38度線」(南北)はすべての対立の象徴であり、この壁がなくなることで家庭にも平和が訪れると考えていらっしゃいます。塙宣之さんのコメントはあながち誤りではないのです。

真のご父母様は南北統一は武力では解決できないことを訴えています。南北統一後は38度線の非武装地帯を平和公園にし、そこと同じ広さの土地を統一教会は提供するとおっしゃっています。

最後の壁「38度線」を撤廃するため、真のご父母様は今のこの時間も多くの精誠を捧げていらっしゃるはずです。

私もわら一本でも精誠を捧げていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

平和の天使
2009年11月13日 01:32
アメリカのイーストガーデンに御父母様が10月に来られた折、特にこの箇所(韓国語)を訓読されました。韓国語から日本語に訳された内容を同時通訳で聞きましたが、本当に劇的に表現されていました。そして、それについて、一切、コメントはされませんでした。これがどういう意味を持つのか分かりませんが、御父母様はこの内容に対して全てをご存知だという事は確かです。
平和を愛する天国人
2009年11月13日 12:55
平和の天使さま、コメントありがとうございます。
真のご父母様が東西の壁、南北の壁についてどれだけ悲しまれているのか、そしてそれから解放して差し上げられるのが私たちの使命と感じます。
2020年08月15日 09:48
初めまして。

ベルリンの壁の話は改めて確認すると結構新しい話なんですね。

まだまだ真の世界平和までいくつもの壁が立ちはだかっていますが、
一つ一つ乗り越えていきたいものです!

この記事へのトラックバック