今日もいいことがある!家庭連合教会員のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 訓読会中にいきなりズボンを脱がれた真のお父様〜その理由とは?

<<   作成日時 : 2017/03/28 18:58   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

今日もいいことありました?

画像


世界家庭・2017年3月(天暦1月)号に李海玉先生のメッセージ「真のお父様への絶対信仰ゆえに常に平安でいらっしゃる真のお母様」が掲載されています。

その中で真の父母様が私たちを信徒ではなく、実の子供として対された時の証しがありましたので紹介します(39〜40ページ)
真の父母様のヘリコプター事故から1周年になる2009年7月19日、(ヨーロッパの大陸会長をしていた)私たち夫婦は、真の父母様をモナコにお迎えして、地中海を見下ろすあるホテルにいました。

(中略)

その場には真の父母様を入れて8人が集まっていて、そのまま朝の訓読会が始まりました。真のお父様は小さなイスに、真のお母様は横のソファに座っていらっしゃいました。部屋が狭かったので、私はお父様の膝のすぐ前に座りました。

訓読会の途中に、真のお父様がゆっくりとお立ちになりました。そしてベルトを外してズボンをお脱ぎになりました。皆は思わず、真のお母様を見ました。お母様はとても安らかな表情で、静かに座っていらっしゃいました。それで私たちは「大丈夫なんだ」と思いました。

私はそのとき初めて、(数えで90歳を超えられた)真のお父様がおむつを着けていらっしゃることを知りました。私は以前に、お父様がサングラスをおかけになった姿を見て、とても驚いたことがあります。「メシヤがどうしてサングラスを掛けるのだろう。メシヤには後光がさしているものだ」と、クリスチャン出身としてとてもショックを受けたのです。ところが、真のお父様のおむつを見たときには、不思議なことに「おお、そうなのか」と思っただけでした。

真のお父様は立ったまま、み言を少し語られました。何の話をされたのか、私には記憶がありません。そのうち、お父様は再びゆっくりズボンを履かれ、ベルトをされました。そして何ごともなかったように、またお話をお続けになりました。その日の朝も長い訓読会でした。

繰り返しますが、そのとき真のお母様はただ静かに座っていらっしゃいました。もし私ならば、とても驚き、あわてたことでしょう。でもお母様は、あまりにも安らかでいらっしゃったのです。

その翌朝、真のお父様は、前日になぜそうしたかについて、お話ししてくださいました。「父子の関係には、恥ずかしいものはない。隠すことは何もないんだ」と語られました。

実際、真の父母様は私たちに、ただの一度も信徒として接することはなさいませんでしたし、弟子としても対されませんでした。日本人でも、ドイツ人でも、言葉が通じなくても、皮膚の色が違っても、常に実の子供として対されました。

(中略)

もし、お母様がお父様の行為に対して、「なぜそうされますか?」「子供たちの前でどういうことですか?」などと疑問に感じられたならば、あるいはそれを行動に表されたならば、お父様の体面はどうなったでしょうか。

一生を真のお父様のそばにいて、あらゆる痛みとあらゆるもどかしい部分を共有し、理解できないことも理解し、信じられないことも信じ、喜怒哀楽と摂理路程を共にしてこられたおかたが、正に真のお母様でいらっしゃったのです。

驚きの証しです。この話を通して、真の父母様は私たちを実の親子の関係でいることを教えてくださっていることを感じました。

自分は真の父母様を実の親のようにとらえているでしょうか?

考えさせられました。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
春日井家庭教会で青年夕拝を開催〜新青年も高校生も初参加
今日もいいことありました? ...続きを見る
今日もいいことがある!家庭連合教会員のブ...
2017/04/01 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
訓読会中にいきなりズボンを脱がれた真のお父様〜その理由とは? 今日もいいことがある!家庭連合教会員のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる