今日もいいことがある!家庭連合教会員のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春日井家庭教会日曜礼拝説教「ザアカイの変化」

<<   作成日時 : 2017/02/19 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日もいいことありました?

画像


本日の春日井家庭教会の日曜礼拝は教会長による説教「ザアカイの変化」でした。

訓読部分はこちら。
ルカによる福音書19章1節〜10節
 さて、イエスはエリコにはいって、その町をお通りになった。ところが、そこにザアカイという名の人がいた。この人は取税人のかしらで、金持であった。彼は、イエスがどんな人か見たいと思っていたが、背が低かったので、群衆にさえぎられて見ることができなかった。それでイエスを見るために、前の方に走って行って、いちじく桑の木に登った。そこを通られるところだったからである。イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。人々はみな、これを見てつぶやき、「彼は罪人の家にはいって客となった」と言った。ザアカイは立って主に言った、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立てをしていましたら、それを四倍にして返します」。イエスは彼に言われた、「きょう、救がこの家にきた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。
テモテへの第2の手紙3章14節〜15節
しかし、あなたは、自分が学んで確信しているところに、いつもとどまっていなさい。あなたは、それをだれから学んだか知っており、また幼い時から、聖書に親しみ、それが、キリスト・イエスに対する信仰によって救に至る知恵を、あなたに与えうる書物であることを知っている。
天聖経 第1篇 第2章 心情と真の愛の神様
真の父母、真の師、真の主人の主体であられる神様


 神様は三大主体思想の主人です。神様は父母です。父母が絶対に必要である、真の師が必要です。世の中が混乱しているので、この3つのうち、真の父母だけを見いだしても生きていくことができます。真の師だけを自分のものにしても滅びません。真の主人だけを自分のものにしても生きていけます。永生の位置に行くのです。なぜでしょうか。為に生きる天理の位置に立つからです。神様がそうなので、自分の家庭で三大主体思想の実体を形成して皆さんが父母にもなり、師にもなり、主人にもなりなさいというのです。そのようになれば、すべて終わるのです。大きな神様から広げて、「私」の家庭ですべて成就するようになれば、ここにすべての垂直の軸が立てられるのです。それが統一的起源なので神様のものが「私」のものになるのです。ですから、神様に似なければなりません。それが三大主体思想です。

最初にSTFチャレンジャーとして1年間歩んだ兄弟の証しがありました。「み言を実践していくことが大切だと気付かされた」という言葉が深く印象に残っています。結局、み言は実践しないと身につかないですね。

その後、教会長による説教。個人的に印象に残った部分は以下の通りです。
・青年の証しが礼拝のすべて。笑
・人は朝起きてから必ず誰かに「出会う」。人との出会いで自分は変わる。「人生は出会い」である。私が今までであった人とは必ず意味がある。必ず影響を受けている。
・ザアカイは聖書の中では有名な人。本や映画の題材にも取り上げられている。
・ザアカイは背が伸びない病気により体が小さく、親も早く亡くしてかわいそうな人だったが、努力してお金持ちになった。
(以後、省略)

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今月の誕生日ケーキのデコレーションが素晴らしい
今日もいいことありました? ...続きを見る
今日もいいことがある!家庭連合教会員のブ...
2017/02/25 19:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春日井家庭教会日曜礼拝説教「ザアカイの変化」 今日もいいことがある!家庭連合教会員のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる