今日もいいことがある!家庭連合教会員のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春日井家庭教会日曜礼拝説教「ほめる力」

<<   作成日時 : 2017/01/29 15:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

今日もいいことありました?

画像


本日の春日井家庭教会の日曜礼拝は教会長による説教「ほめる力」でした。

訓読部分はこちら。
天聖経 第8篇 第1章 第3節 信仰生活の道
  堕落性を脱いでいく道


 同僚や師弟、あるいは家庭において、「私」と関係を結んだ人たちの中で、弁解する人を好む人がいるか、見てみてください。皆さんは、自分に何か起これば、「あの人もそうだ」と言いながら、他の人も引っ張りこもうとします。「誰々もそうだったのに、弟や妹もそうだったのに、なぜ私だけ叱るのか」と言うのです。これは、偽りです。自分が誤ったなら、率直でなければならないにもかかわらず、他の人にかみついて引き込もうとするというのです。これが堕落性です。ですから、日常生活において率直になりなさいというのです。神様のみ前では、より一層率直にならなければなりません。

 完全な物が一つの目的のために結合するとき、完成された物になります。一つの家が完成するには、扉や、そこに所属する一切の付属品が完全でなければなりません。それでこそ、一つの家が完成します。このような問題を見るとき、完全な個体を追求するようになります。ですから、マタイによる福音書第五章四十八節で、「あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい」とあるのです。その標準が、天が完全であるようにあなた方も完全になりなさい、というものです。
 絶対に近い対象的な価値を追求することは言うまでもありません。絶対者の前に対象として立つのに恥ずかしくない完全品を求めるのです。そうだとすれば、私たちの生活から分析しなければなりません。生活をすべて掘り返してみなければならず、私たちの考えもすべて掘り返してみなければなりません。私たちの四肢五体、私たちの感覚器官までも分析しなければなりません。「私」が感じることも、すべて昔とは違っていなければならないのです。

 堕落した人間に肯定的な要因が残っているときには、堕落性をもっているという結論が出てきます。このように見てみるとき、完全に分解しなければなりません。その形態とその要素をそのまま連結させるところには、堕落性の要因が残っています。それは、完全分解、完全否定ではありません。完全分解というのは完全否定です。真の人間の本然の理想的な所願成就の道は、堕落した人間に肯定的な要因が存在していては、出てこないのです。このように結論を下すことができます。
 ですから、真の神様が宗教を通して彼の摂理の目的を追求していらっしゃるとすれば、その神様が主張する行路、路程は、肯定ではなく絶対否定です。絶対否定で出発した基準が出てこなければ、堕落した人間の前に、絶対者の相対理念を成就できる道は出てこないのです。

 堕落性を完全に脱がなければなりません。堕落性を完全に脱ぐためには、自分個人から脱がなければなりません。そうして、個人において勝利しなればならず、家庭において勝利しなければならず、民族、国家、世界、天宙まで勝利しなければなりません。これが堕落性からの解放圏です。ですから、それを克服できる相対的な自分を発見するようになるときは、直ちに神様が主管しているものが分かるようになります。信じるのではなく、「私」が神様と共にいることが分かるようになるのです。
天聖経 第8篇 第4章 第4節 相続の人生
 神様の栄光のための人生


 神様が「私」に百を命令したといって、実際に神様が「私」にその百だけを願われるでしょうか。少しでも多く捧げてこそ、「おお、そうか!」と言いながら称賛することでしょう。ここにおいて価値が変わります。 神様が命令をすれば、皆さんは、皆さんのたった一つの命を捧げることができますか。神様から百という命令を受ければ、皆さんは、それ以上をしてさしあげなければなりません。これが最善の方法です。もし、そのようにしたとすれば、それは個人においては栄光であり、神様が誇ることのできる内容です。「しなさい」と言うとおり百だけするとすれば、それはほかの人たちでもできるのです。

 私たち自身は、誇るものがありません。誇るのは、闘って勝利したあとにこそできるのです。そのまま誇れば、サタンが讒訴するようになっています。無形の父の代わりに闘って偉業を相続し、来られる実体の真の父母の代わりに遺業を相続しなければなりません。そして、「父よ、栄光をお受けください」と言わなければならないのです。

個人的に印象に残った部分は以下の通りです。
・陰暦で新年を迎えた。韓国語では「新しい歳に福をたくさん受けてください」とあいさつをする。
・その福は五つある。@長生きすること、A万物にあふれること、B健康であること、C徳があること、D正しく死ぬこと。
・父母様から新しい運勢を受ける。2017年年頭標語は「創造主、天の父母様に似た、真の愛を実践する天一国の真の主人になろう」である。このメッセージ通りに生きることで福を受ける。

「ほめる力」
・アメリカのカーネギーさんが「ほめる力」という本を書いた。
@人を非難しないこと
A相手の立場を理解すること
人を変える力が「ほめる力」である。

・水族館でイルカショーを見た。イルカが芸をできるようになるにはトレーナーが「ほめる」。自宅で犬を飼っているが、(教会長の)妻がたくさんほめるので、犬が言うことを聞く。

・水に「愛」「感謝」「ありがとう」「〜しようね」と言い続けた水の結晶は美しい。逆に「〜しなさい」「バカ」などと言い続けた水の結晶は崩れる。

・瓶にご飯を詰めて、一方に「ありがとう」、他方に「ばかやろう」と声を掛けた場合、後者は早くくさった。

・人間はどうか。

・神様が人間を創造されたときに「はなはだよかった」と語られた(創世記1章31節)。

・真の父母様は私たちに堕落性から抜ける方法を教えてくださった。「これが堕落性です。ですから、日常生活において率直になりなさいというのです。神様のみ前では、より一層率直にならなければなりません」。

・(教会長の)長男は成績表をすぐに見せてくれる、次男は言われてから見せてくれる、末の娘は一度も見せてくれない。神様はその姿でいることを許す。

・否定的な言葉を使うことが堕落性である。

・堕落性を完全に脱ぐためには、「私」が神様と共にいることを自覚することである。

・天の父母様は私たちに無限の力を与えてくださっている。天の父母様と共に歩む道は希望である。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へにほんブログ村人気ブログランキングへ
/

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春日井家庭教会日曜礼拝説教「ほめる力」 今日もいいことがある!家庭連合教会員のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる